MENU

アデノゲン育毛剤のって?どんな成分があるのかを徹底解説!

 

 

アデノゲン育毛剤の気になる成分

 

 

このページでは資生堂・アデノゲン育毛剤に含まれる成分がどのようなものなのかを改めてご紹介したいと思います。

 

 

アデノゲン育毛剤に含まれる成分の特徴とは?

 

 

生体内薬用成分「アデノシン」が抜け毛予防&発毛促進

 

 

育毛剤の代表的なAGA治療薬「ミノキシジル」と同等の血行促進の薬用成分とされる「アデノシン」。

 

さらにアデノシンは元々人間が持っている成分のため副作用がほとんどないと言われています。(一方ミノキシジルは発熱、発汗や肌荒れ、低血圧などの副作用が出やすい)

 

 

そして、このアデノシンが発毛促進因子「FGF-7」を発生し、毛根の成長期を伸ばし、髪にハリとコシを与えてくれる効果があります。

 

2つのエキスが毛母細胞を増殖させる

 

また、アデノゲンに含まれる2種類のエキス「パナックスジンセンエキス」「ソフォラ抽出エキス」が毛母細胞を増幅してくれます。

 

毛母細胞が増えることで、毛髪促進を促し新たな髪の毛が生えやすくなります。

 

 

 

以上がアデノゲン育毛剤の主な効果になります。

 

しかし、ここで忘れてしまいがちなことは、抜け毛の根本的な原因はAGA(男性型脱毛症)ということです。

 

 

男性の抜け毛の原因の9割がAGAと言われており、食生活や睡眠不足、ストレス等からAGAの原因物質の「5αリダクターゼ」が過剰分泌されることで抜け毛が増えると言われています。

 

アデノシンは確かに発毛効果が期待できる育毛剤ですが、あくまで「毛母細胞を増やす」という一般的な抜け毛からのアプローチしかしていません。

 

これでは抜け毛の根本的な原因(AGA)を対策したとは言えません。

 

 

一方、チャップアップ育毛剤は毛母細胞にはアプローチしていないものの、血行促進・抜け毛予防・頭皮バランスの改善などあらゆる方面からの抜け毛対策、さらに「5αリダクターゼ」の分泌を抑える有効成分も含まれています。

 

抜け毛の原因がわからないという方は9割方「AGA」と予想されますので、どちらかと言えば、そのAGA対策の育毛剤を選ぶのが良いと思いますよ。

 

 

アデノゲン育毛剤のに「アデノシン効果」が気になる方はこちら

 

 

アデノゲンよりも先にチャップアップ育毛剤を試してみたい!口コミをチェックする